町並みが美しいといえば・・・

国内旅行の良いところは、美しい町並みを落ち着いて見ることのできることですよね。海外旅行にはないゆったりとした時間を過ごすことが出来るので私は専ら国内旅行派です。今回は私がこれまで行った中で感じた「一度は見ておくべき美しい町並み」を一つご紹介したいと思います。それは「京都・先斗町」です。
京都といえば清水寺や伏見稲荷など、数多くの観光スポットがありますが、その中でも先斗町の美しさはまさしく別世界・夢の様なのです。三条通から四条通にかけ、鴨川に沿うように伸びる一キロにも満たない先斗町は花街として有名ですが、同じ花街でも華やかな祇園とは異なり、どこかしっとりとした大人の空気に包まれています。道幅は狭く、決して車では入ることができません。かといって、観光シーズンでもそれほど人は多くないので、京都の風情をたっぷりと感じることができます。まさしく穴場ですね。「犬矢来(竹を湾曲させた柵)」など、京都ならではの風情ある街並みを楽しむことができるでしょう。
先斗町はゆっくり歩いても30分も掛からない短い通りです。その中には、川床などを構えた飲食店が軒を連ねており、和食からフレンチ、イタリアンなど、様々な食事を楽しむことができます。高級店だけではなく、比較的安価なお店や、ランチを安く提唱するお店もあるので安心。国内旅行で京都を選ぶなら、ぜひ先斗町でのんびり過してみてはいかがでしょうか。